多汗症解消マニュアル

   

多汗症の人の食べ物の選び方

汗が出やすい季節になると、周りの目が気になってしまう人たちがいます。正常な範囲内での汗なら問題ありませんが、多汗症になると交感神経の異常が関係していますので、些細なことにまで気をつけないと日常生活にも支障をきたします。
普段からできる対策としては、食べ物の選び方が重要です。基本的に交感神経を刺激するような食べ物はNGですので、辛いものは避けなければなりません。辛いものを食べると汗がふき出しますが、これは交感神経を刺激しているのですから当然のことです。辛いものだけでなく、酸っぱ過ぎるものや甘過ぎるものも避けた方が良いでしょう。これらは全て汗が出る要因になってしまいます。嗜好品として、カフェインやニコチンを摂取することでストレスを発散する人たちもいますが、これもNGです。自律神経に作用するという面で同じであり、煙草やコーヒーは避けなければならないものにあげられます。コーヒーなどは体に良いということで健康対策としても注目されていますが、多汗症の人に限って言えば積極的に摂取しない方が良い飲み物です。仕事の合間などにコーヒーを飲んで落ち着くというのはよくある光景であり、少量をゆっくりと味わう分には問題ありません。しかし、コーヒー好きの人は一日に何度も飲みますし、濃度に関しても濃いものを好む傾向にありますので、多汗症の症状には良くありません。
肥満の人は汗をかいていることが多いのですが、肥満になると多汗症にもなりやすいので注意が必要です。肥満になるような人は日頃の食生活も偏っていて、脂っぽいものを好んで食べたり、時間帯もばらばらであることが多いので、その辺りを見直すことをおすすめします。肥満を解消すれば少しずつ良くなることがありますので、まずは健康的なBMIを目指して食生活の改善を実践してみましょう。
交感神経を抑制して副交感神経を刺激するためには、イソフラボンを含んだ食品が有効です。ですから、イソフラボンは積極的に摂取することをおすすめします。イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をする植物性エストロゲンが含まれており、自律神経系を整えることができます。どのような食材に含まれているのかというと豆腐や納豆などの大豆製品ですので、日本人の食事では馴染みの深いものです。同じように女性ホルモンの作用をもたらす食品として有名なのがザクロであり、アボカドも良いとされています。副腎から分泌されるホルモンであるDHEAの成分を含む山芋も、自律神経の調節に関して良い役割を期待できます。
このように多汗症に良い食べ物が色々ありますので、症状を抑えられるように上手く活用しましょう。興奮状態にある時にたくさん分泌されるのが交感神経ですので、リラックス状態を作るためにハーブを取り入れるのもおすすめです。ハーブを飲んでリラックスすると、自然と自律神経が良いバランスで調節されるようになり、汗の量もおさまってきます。種類としては、ラベンダーやローズ、ジャスミンなどが効果的ですので、覚えておきましょう。食べ物はメニューに取り入れるのが大変という場合でも、ハーブティーなら毎日の習慣にしやすいので、日々の対策としてはかなり優秀な方法です。自分の好みと合致すれば、楽しみながら続けられるのもメリットです。
多汗症に悩んでいても、病院に行くのは抵抗があるという人も少なくありません。そんな時に見直したいのが日頃食べている物であり、汗をたくさん分泌させてしまうような種類は避けることが大切です。逆に分泌を抑えてくれる食べ物や飲み物もありますので、無理のない範囲で生活の中に取り入れていくのが賢い選択です。

イソフラボン , 交感神経 , 多汗症 , 肥満 , 食べ物 , 食生活