Categories: ストレスホルモンの乱れ多汗症局所性多汗症更年期生活習慣の乱れ緊張

多汗症の症状と原因・対処

人間は生命維持のために常に体温を一定に保つ必要がある恒温動物なので辛いものを食べたり、運動したりして体温が上昇すると発汗することで体温を下げようとします。ですが中には暑くないのに汗がでたり、必要以上に汗をかいてしまうことで日常生活に支障がでることがあります。このような症状を多汗症といいます。全身に多量の汗をかくものを全身性、手の平や足の裏など局所的に多量の汗をかくものを局所性多汗症といい、なんらかの原因が隠れている場合は続発性、不明な場合は原発性多汗症といいます。全身に汗をかく場合は更年期障害や甲状腺機能亢進症、糖尿病などで内分泌や代謝に異常をきたしていることがあり、パーキンソン病によって神経障害がおきたときも大量に汗をかくことがあります。ほかにも向精神薬や睡眠導入薬など薬の副作用だったり、結核や敗血症など感染症が原因だったりもします。手の平や足の裏、頭部に大量の汗をかく場合は、味覚性発汗といい辛いものや熱いものを食べたことが原因だったり、精神的に緊張している、皮膚疾患があるなどがありますが、原因としてもっとも多いのが精神的緊張だといわれています。緊張やストレス、不安で交感神経が優位になり汗腺の働きが活発になることで汗をかきやすくなるためで、交感神経が敏感な人ほどなりやすいわれています。ですがなぜ交感神経が敏感になるのかは分かっていませんし、精神的な問題を抱えていれば全員が大量に汗をかくというわけでもありません。全身に大量に汗をかくのは先ほども述べたように代謝異常や内分泌異常、循環器や中枢神経にかかわる病気を患っていたりするときですが、これもあくまで症状のひとつであり全員がこういった疾患を患っているわけではありません。ホルモンの乱れが要因のこともあり、視床下部でコントロールするホルモンのバランスが崩れると、同時に交感神経のコントロールも乱れ汗をかきやすくなるといわれています。特に女性は月経や妊娠、更年期があるので影響を受けやすいと考えられています。これら以外に、生活習慣の乱れも原因としてあげられます。日常生活で辛いものや熱いものを食べたりすると汗をかきますが、適量ならば正常な反応ですが過剰になると味覚性多汗症になる可能性が高まります。たばこやコーヒーも同じことがいえ、これらに含まれるニコチンやカフェインを多量に摂取することで交感神経を過剰に刺激することになります。多汗症かもしれないと思ったときは皮膚科を受診します。治療法はいくつかあり、原因や症状の重さによって対処が異なってきますが、神経障害や糖尿病などの疾患が隠れているときは、根本的な病にアプローチする必要があります。ですがそういった疾患がない場合は、まず外用薬を塗ったり内服薬を使用したりします。ボツリヌス注射によって毒素を患部に注射し汗を抑えたり、交感神経遮断術といって胸部の交感神経を切除する方法などもありますが、どの方法が良いかは医師と相談して決めます。また大量の汗をかくことから精神的なストレスになって、人とうまくコミュニケーションがとれない場合はそれも医師に相談し薬を処方してもらうことが大切です。ほかの疾患が隠れていないときは、ストレスなどで交感神経が優位にならないようにすることである程度、発汗を防ぐことができます。まず辛いものや刺激物を取り過ぎないこと、適度な飲酒量を守ったり、喫煙を控えたりして食生活を改善すること、適切な時間帯に十分な睡眠をとることで交感神経を休ませ、心と体をリラックスさせられる時間をつくられるよう生活習慣を改善することなどです。そうすることで上手にストレスと付き合い、過度な緊張状態から交感神経を解き放つ時間をつくることができます。
admin

Recent Posts

  • ストレス
  • ベジタリアン
  • 交感神経
  • 多汗症
  • 汗腺

ベジタリアンは多汗症になりやすい?

ベジタリアンは体臭が少ないとは良く言われ…

  • ワキ
  • 制汗剤
  • 臭い

多汗症はパウダーで効率的に抑えよう

多汗症で一般的な市販の制汗剤を利用して効…

  • ミョウバン
  • 冷却
  • 制汗剤
  • 自律神経

多汗症の悩みを軽減してくれる便利グッズ

多汗症に悩んでいたとしても、手術を受けな…

  • ジェネリック
  • ボトックス注射
  • 多汗症

多汗症はボトックス注射で治せる

多汗症は暑くもないのに大量の汗をかいてし…

  • イソフラボン
  • 交感神経
  • 多汗症
  • 肥満
  • 食べ物
  • 食生活

多汗症の人の食べ物の選び方

汗が出やすい季節になると、周りの目が気に…

  • クリニック
  • 塩化アルミニウム治療
  • 多汗症
  • 治療
  • 皮膚科

多汗症の相談治療はなに科で

多汗症というのは手のひらや足の裏などから…