ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

多汗症を改善することができる薬とは

特に気温が暑いわけでもないのに大量の汗をかくような症状が見られた場合には、多汗症の恐れがあります。もし汗をかきすぎても困っていないのであればそれでも構いませんが、生活に支障が出るほどであるならば早めに病院に行って診断してもらうことをおすすめします。

汗が出る箇所を手術するといった方法以外にも、薬によって症状を改善することもできるからです。完全に症状が治るまでには時間がかかるものの、作用も緩やかで多くの人にとって効果的であると言えるでしょう。

多汗症の薬として最も用いられているのが、抗コリン剤と呼ばれるものです。人間が汗をかくときには、交感神経が汗腺に対して命令を出しています。そのとき神経間の伝達物質としてアセチルコリンと呼ばれる物質が機能しているのですが、抗コリン剤はその働きを抑える効果があります。結果として汗腺に対する命令が届かなくなり、汗が掻くのを抑えられるという仕組みです。

抗コリン剤のメリットとしては、すでに多くの医療機関で用いられているため保険の適用が効くという点にあります。これにより治療に関わる医療的な負担を劇的に抑えることができます。

一方で抗コリン剤には副作用もあります。喉が乾きやすいというものです。交感神経間の伝達を抑える働きがあるため、通常であれば口の中を潤している唾液の量も減ってしまうためです。眠くなるという副作用も報告されています。

これは他の種類にも見られることですので、ある程度は仕方のないものとして捉えるようにしてください。対策としては抗コリン剤を服用した後は、車の運転などはできるだけ控えた方が良いでしょう。

なお前立腺肥大症や緑内障などの症状を持っている患者さんには、抗コリン剤を使うことができません。誤って服用してしまうのを避けるためにも、事前にこんな症状を持っているということを医師に伝えておくようにしてください。

次に紹介するのが抗不安薬と呼ばれるものです。これは主に精神科を受診したときに処方されることが多く、文字通り不安感に襲われるといった症状を鎮める効果があります。これも同様に精神や神経の活発化を抑えられることから、汗が出過ぎるというこの症状にも効果があるとして選ばれています。

これが処方されるときは、自律神経失調症のように精神的な病を抱えていると診断された場合です。多汗症とはちょっと違った診断がなされていることになりますが、汗を抑えることができるので効果としては同じものが期待できると言って良いでしょう。

注意点としては、抗コリン剤と違って保険の適用が認められていないことです。費用の負担は全て自分で賄わなければならないので、注意してください。

意外に効果があるとされているのが漢方薬です。漢方には様々な症状に効果のある成分が用意されており、汗を抑えることができるとされるものも存在しています。特に神経の働きが活発化するのを抑えたり、ホルモンバランスが悪くなるのを改善する効果があるため、汗が出すぎて悩んでいる人にはおすすめです。

漢方が優れているのは、穏やかな作用が期待できることです。副作用なども少なく、薬を飲むのが苦手といった方にもおすすめできる方法です。ただしどの医師も漢方薬に精通しているというわけではないため、適切なものを処方してもらうためには事前の下調べが重要になってきます。

最後に紹介するのが塩化アルミニウムです。ここまで紹介してきたのが服用して使うものであるのに対し、塩化アルミニウムは気になる患部に塗布することで汗を抑えます。特定の部位に塗ることでピンポイントに対処できるため、今すぐ汗が出るのを防ぎたいといったときには便利です。皮膚の状態によっては炎症を起こしてしまう可能性もあるため、事前にパッチテストなので確認しておいた方が良いでしょう。

最終更新日

Uncategorized